トップ > DVを振る舞う人の特徴 > DVチェック〜相手は大丈夫?

DVチェック〜相手は大丈夫?

DVチェックをご存じですか?
以下にあげるチェック項目は、彼氏彼女のDV性を見極めるのに役立ちます。

そもそもDVを行う人を、普通は外見的な特徴からは判断できません。
実はDVをする人には、些細なサインがあり、それをチェックして見逃さないことが大切です。
けれども、DVの知識が無いと、わからなくなります。
ですので、交際中にDVであることに気がつかないまま結婚し、結婚して初めて夫や妻がDV夫・DV妻であることに気がつくケースが圧倒的に多くもなっています。
そこで、DVのチェックです。

DVをする人には共通した徴候やサインがあります。
かすかな兆しなのですが、これをチェックしていると、DV被害に遭わずに済む可能性が高くなります。

以下のチェックに該当すればするほどDVの可能性が高くなります。
ぜひ、チェックしてみてください。

★相手がDVであるかどうかのチェック項目
・相手の行動を常にチェックし、拘束的
・相手の行動に干渉的で、支配的な態度を取る
・その日によって感情が変わりやすい
・嫌なことに遭うと物に当たったり破壊する
・些細なことで気分を害されても怒ったり激昂する
・嫉妬深い
・車を運転すると興奮したり感情的になりやすい
・二重人格的で、裏と表の顔がある
・暴力的な発言が目立つ
・意地が悪く、冷酷な一面がある

ポイントは、相手が「感情的な人」かどうかです。
特に気分の変化が激しい人は、おおむねDVです。
意地が悪く、人をいじめて快感を得る、困った人になります。
このタイプの中には、猫をかぶる人が多く、普段は大人しい感じあっても、車を運転したり、些細なことで暴力的な発言をして、相手を戸惑わせます。
「二面性」があるのも特徴的です。
暴力、二面性、気分屋、この3点は、DVの特徴です。
DV行為をする人は、二重人格であり、内と外では態度が全然違ってきます。
まさに危険人物、要注意人物であり、多くは自己愛性人格障害でもあります。
DVタイプの人とは深入りをしてはいけません。

あなたのDV問題を解決する選択
1.DV夫・DV妻と離婚を考えている⇒こちら
2.DV夫・DV妻と裁判離婚して慰謝料を取りたい⇒こちら
3.相手がDVであっても乗り越えたい⇒こちら
DVを振る舞う人の特徴

前の記事 | 次の記事

関連記事