トップ > DVを直す > DV更生プログラムは効果があるの?

DV更生プログラムは効果があるの?

パートナーに暴力を振るってしまった事を後悔し、暴力をやめたいと思う人もいるようです。加害者も気持ちのコントロールができず悩んでいるのかもしれません。

カウンセリングを行い、悩みを打ち上げることが大切でしょう。事実を人に話すことで、誰にも相談できなかった孤独感を無くすことができます。

時間をかけて更生できるプログラムを行っている相談機関があります。内容は人格を更生させることになるので、1年以上のプログラムが良いとされています。アメリカのカルフォルニア州認定の更生プログラムなどを使用しているところもあるようです。

秘密厳守で行われるので安心です。また、同じようにDVを起こしてしまい悩んでいる人たちが集まり、グループで相談し合うプログラムなどもあるので、本当の悩みを共感し合えるでしょう。

被害者はDVを経験したことにより、感情のコントロールができなくなっています。被害者も自立していくために、自分を見つめ直す必要があるでしょう。

暴力を振るわれても我慢し、優しい時の加害者を信じてそばで支えてあげようとする感情が出来てしまいます。しかし、それはDVを悪化させることになるのです。繰り返し暴力を振るわれることにより、被害者自らが、自分が悪いからDVが起きるのだと錯覚を起こしてしまうのです。

どうすれば人に気持ちが伝わるのか、どうすれば自分に自信を持つことができるのか考えていかなければいけません。気持ちを整理し少しずつDVと向き合う事が大切でしょう。

女性のエンパワーメントを考えた講座や、コミュニケーション能力を学ぶ講座などに積極的に参加すると、自立していくためにも良い勉強になるでしょう。

しかしDVは直らないことが多いものです。安易な期待を持つよりは、別れるのがおすすめです。

あなたのDV問題を解決する選択
1.DV夫・DV妻と離婚を考えている⇒こちら
2.DV夫・DV妻と裁判離婚して慰謝料を取りたい⇒こちら
3.相手がDVであっても乗り越えたい⇒こちら
DVを直す

前の記事 | 次の記事

関連記事